スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top

色々とすみませんが・・・。

本日現在の会社を退職することを決めました。今ここで初めて口にします。先ほどまで社長と話していましたので。私は関西で"頑張る"ことが出来ませんでした。頑張りたい欲求をうまくコントロールすることが出来ませんでした。私は極端な理想があり、それは誰の目にも分かる程に浮いていたと思います。単純に言えば、その理想が叶わないと判断したからですが、その理想へ近づく為の手段が間違っていたと思います。私が理想と思う手段をとれなかった理由は多々ありますが、その手段は会社にとって必要が無かったと判断しなければならなかったのはツラいところです。社長がコトを急いでいたように、私も急いでいましたが、私のタイムリミットが来たと思ってください。社員には迷惑を掛けると分かりきっていますが戻れません・・・リミットはアト2ヶ月です。それまでに就職先を探します。勿論社長とは喧嘩別れでは無いですし、「独立するならバックアッ(略」とまで言ってくれています。もういい年齢なのに夢を追いかけるのはどうかと思いますが、もう一度ゆっくり考えてみようと思います。・・・でもブログは続きます(すみません)。昨日の夜から考えてて昨日は書けませんでしたけど・・。
スポンサーサイト
日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top

宣伝はやくない?

久しぶりに仕事で遅くなった。『こういう事態もあるわな~』とネタの為に考慮に入れつつ、考えながら一人で帰ってきました。とそんなことはさておき、映画の『ジャンパー(YouTube)』、3/7からなのにもう色々と宣伝してるけど、こういうの好きですね。何かドラゴンボールっぽい気がする(全然違うんだけどw)。東京にも飛んでくるみたい。3月ならそれなりに観れる・・かも。この能力、今の自分に一番必要だな。うん。

公式 『ジャンパー
日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top

有名か無名かで判断する?

こんなこと書くとアレですが・・・。「よく分からない企業集団」として日々書いていることはまだホンの序章に過ぎません(少なくとも自分の頭の中では)。本日NBOnlineで『潜在能力を引き出すために、上司がまずやるべきこと~コトづくりのある組織に人は“育つ”』という記事を見ました。本日出たての記事です。この内容はまさに私が思うことが書かれてあります。しかも克明(こくめい)に。これは私ではありません(あー、分かりきってる)。このようにあと数年後に求められるであろう価値観を私は数年前より日々考えていました。それが歳月を重ねるにつれて日本に徐々に現れていると感じています。
これは新しい発想ではありません。しかも成果主義ではありませんし、年功序列でもありません。そういう意味では新しいかもしれませんが、簡単に言えば、今の時代で皆さんが忘れてしまったものです。昨年の日記『嫉妬深い。』の"気付きはじめている人もいます"というのがそのことです、この記事を書いた方は気付いているのでしょう。私自身その記事のように書くことは可能なのかもしれませんが、敢えてよく考えないと答えが出ないように書くのは自分の中で賛否を考えて欲しいと思っているからです。私は現実でも同じようなことをタマに口にしますが、返ってくるのは根性論だったり、「やらせてダメなら、もうダメじゃん」みたいな感じだったりします。これは正直、私の中では違います。このセリフそのものが違うのです。このようなことを言っても理解出来ない方々が殆どです。今の時代を考えれば当然といえば当然かもしれません。『やっぱり俺はこの考え方は合わないなぁ』と思うのもアリでしょう。経営理念が企業毎に違うんですから。だからこそ書き続けていきます。・・・駄文ながら。本日は見方によっては嫌味ったらしいですね・・・しかし同じ方向の記事が出たことによって、やっぱり言われるのは無名の方ですしw・・・まぁそれだけのことです。大変失礼しました。
雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top

大阪府知事選挙。

やはり橋下とおる氏(38)が当選しましたね。政党のぶつかり合いなどと言われてもそんなの関係なく、知名度で開票早々決まった感じです。誰もが知る橋下徹氏。あとは活躍に期待ですかね、ちょっとどんなことをするのか楽しみです(争点に対する回答が橋本氏だけちょっと物足りない気もするので)。色々言っても仕方ないので、このへんで。→読売新聞(大阪府知事選)
日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top

よく分からない企業集団。(5)

ある銘菓製造工場の話し。現場はすごく甘い香りを漂わせながらも従業員は真剣に作業しています。賞味期限がすごく短いものは製造すればスグにトラックに積まれ、どんなに遠くても明朝のうちに全国の各店舗に配送され、開店より店頭に並びます。
一日で売り切れるのであれば店舗は毎日のように製造工場へ発注を行います。予測がつくなら前以て発注します。それが全国から異なる数量、異なる発注を製造工場は受け付け、計画をし、製造を行います。

私は商品管理を行うシステムの導入の為この現場にずっと立ち会っていまして、働いている人々を、とても興味深く観察していました(もっとも観察して業態を把握しなければシステム屋など出来ないですが)。前置きが長かったのですが、ホントにココはかなり有名なお店です。しかし実態はヒドいです。ヒドいという言い方は後で訂正しますが、いわゆる完全トップダウンで回っています。やって欲しいことは上からどんどん指示が飛び、下はそれに従い作業を進めていく。更に発送トラックの出発リミットが常にありますから時間との格闘です。タマに「次のトラックでいい!」という声も聞きましたが・・。

責任者が内線で指示を出しています。「○○のセットを今から10個追加してくれ。"え~~"じゃない"はい"と言え。よし。」こんな感じです。『きっつー』などと思ったりもしましたが、このようなところは想像つくように、派遣やアルバイト、パートの入れ替わりが激しい方です。その中でトップは変わらぬ統率をとっていく為に必要以上の威厳を保っていると思われます。甘い顔をしていれば製造に支障をきたすのは目に見えます。工場内には食中毒は『会社を殺す』とまで書いています。たった一人がトイレで手を洗わずに作業したばっかりに・・ということはあってはならないのです。そしてその責任者はクレーム対応もこなします。しつこいクレーマーはどの業界にもいるでしょう。このクレーム対応も完璧にこなします。落ち着いて話しを聞き、その回答を明確に出す。電話を切るとすぐさま指示。「○○を1個追加。機械止まってる?機械動かして。うん、1個だけでいい。○時のトラックに積めるように。」1個だろうがデカい製造機械を動かします。

『在庫ないのか~?』と思うかもしれませんが、在庫は賞味期限の長いものならあります。しかし作りたてを渡すという気持ちだったり、半製品の状態だったりと、どのような指示をするかはその時々で変わります。もちろんお約束ですが、毎日皆仕事が終わって帰ってる時に感謝の言葉を掛けています。無理な注文を受けた製造主任みたいな若い兄ちゃんも笑いながら会話していました。「デキたんだから無理じゃないだろ~」と突っ込まれていましたが。
単純に考えれば下の者は上の者についていくことで"結果的な"成功を毎日味わっているかもしれません。そして、ついていかないことが失敗を生むと考えているかもしれません。もしかすると、ついていかずに成功しても喜びにはならないと思っているかもしれません。このような状況ならついていって失敗しても責任者を責めたりしないのかもしれません(製造現場では)。責任者は責任をとるでしょうが。一環した信念を皆が口にせずとも理解しているなら、きっと何も恐れるものはなく、やり遂げるべきものに集中出来るのだと思います。

※このような方(責任者)は大抵システムに思いっきり意見を述べてくれます、ありがたいことに。皆が迷わない為に日頃考えていることを話してくれると真剣さが伝わってきます。システムが助けになると信じてくれるのであれば、全力も尽くせます。システムとして矛盾することを言ってきてもそれを纏めるのがシステム屋の仕事であり、ソリューションであり、それでいいのです。スーツを着て頭には髪の毛が落ちないように白いマッシュルームの被り物をしたまま自分はそう思っていました。
ビジネス雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top

よく分からない企業集団。(4)

自分で考えるから人間だと思うかもしれませんが、人間は我侭(わがまま)になれます。感情で行動する場合があります。それがビジネスにおいて困る場合があるのです。何かを遂行する場合に弊害となるから"ダメだ"と言っているのであって、弊害にならなければ別に気にする必要はありません。例えば社長同士の対談などは自分の思いを相手に伝えることで"意気投合"というレベルで物事を考えます。"良かった悪かった"は結果です。社長が部下と話しをするのは"指示"であり、目的に向かって遂行する方法を部下が考え、提案する必要はあっても、そこに"嫌です"といった感情は必要ないのです。

『嫌って言うことが出来ないの?』と疑問に思うかもしれませんが、遂行する方法が社長の考えと違っても構わないと思いますが、目的をすり返るような考えは必要ないということです。
つまり決断される前段階での何を目的とするかの議論はどんどんして貰って、目的が決まったら従うべきだと言っています。途中で『だから俺は嫌だったんだよ』というセリフは聞きたくないでしょう。もっとも社長が目的をコロコロ変えるというのはここでは考えていませんが・・・。
ビジネス雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top

よく分からない企業集団。(3)

企業において社員というのは、企業が目的を日々達成していく為のいわば部品です。私は人も(が)企業を構成している部品と考えていますから、人間味のある社員から反感をくらうことがよくあります。「社員が部品などと機械みたいなことを言うな」と。ですが、目的を達成する為にやらなければならないことを考えた場合にそれぞれが自由に野放しにしておいてうまくいくとは到底思えなかったりします。極論過ぎると思うかもしれませんが、企業がどうなろうとしているか分かっていない集団よりは分かっている集団の方が強いワケです。
例えば仕事が無い暇な会社があるとします。社員がとるべき行動は「企業がどうなろうとしているか」が分かっていれば「今やるべきこと」が見えてきます。決して暇だからといってインターネットで日記を見たり、意味のない電話をしたりして時間を潰したりしないハズです。もっとも自分で割り当てた休憩時間や学習時間が存在するならそれらは別だというのを付け加えておきます。

これはこの会社が暇(な時間が多い)という前提ですが、このような状況でも目的が無い社員は指示があるまで動かないものです。動かないのは"何をすればいいのか分からない"からであり、そんな状態に『仕事は自分で見つけるものだ』と言っても何も効果が無いことくらいは分かるでしょう。例えば「これが最近のトレンドか、この時間にちょっと調べてみるか」と判断したものに、上司が「そんなもの今やることか?だったらこんなコトやあんなコトをした方がいいんじゃない?」と言われたら『だったらそれを指示しろよ』とツッコミたくなりませんか?
なぜならその上司も自分で重要と判断したものを口にしただけで正しいかどうかは考えていないかもしれないのですから。上司も絶対では無いということを言いたいのではなく、定量の目的があり、皆がそれに向かっている矢印がイメージでき、そこに到達していく皆のそれぞれの役割が決まっている時、アプローチを自由にしながらも作業進捗が判断できるのであれば、それは既に企業にとっての大事な部品です。意味のない存在は部品にもなれない。ロボットになれてこそ、その次のステップで信頼関係が築け、お互いを尊重し合える付き合いが出来ると考えます。

もっともこれらは仕事関係でのみの話しです。怠ける仕組みが人間味を主張する連中を生んでいる気がしています。だから敢えて極論を口にするのです。感情論で仕事をするのでは気持ち次第で無数の目的地が発生します。幾度も道を変えると迷ってしまいますよ。私の言う部品とは"指示に対し自分で考え勝手に動くが信頼出来るロボットになれる人間"ということになります(極論です)。
ビジネス雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top

他県の知事だけど。

宮崎の東国原知事(そのまんま東)だけど、一年間見てて働きっぷりスゴいですよね(笑)。一日も休みが無いらしいけど大丈夫かいな(県の仕事が無い場合はインタビューとかで埋まるらしい)。そういえば正月番組でもよく見た記憶がありますね。全国に知られているから色々なことですぐ目立つけど、そういったことを全て差し引いても他県の知事よりかなり頑張ってる気がしますね。まぁやってることがよく見えるから分かり易いという意味も含まれますが。インタビューを聞いても素直にウラオモテが無い気がするし、すごく平坦な言葉で答えるから県民の評判も良さそう(無理に頭の良さを出そうとしないとこがいいねw)。
今年から地方へ税源移譲があるから、地方にとっては喜ばしいことかもしれない(個人的には確定申告の手続きがちょっと面倒だと思ってたり・・・)。関西にいてもおみやげ屋からコンビニまでいたるところで知事の顔を見るけどなんか"当り前"になってきたし(良いコト)、次の手も考えてあるっていうしまた一年様子を見ていこうと思う。
・・・ところで大阪府知事では、話題の橋下弁護士。東国原知事とは相当仲が良いとの噂ですが・・・どうなんでしょうねぇ。とりあえず自分は特に悪いイメージとか持ってないのでいいと思いますけどね。他人事?いえいえ^^;とりあえず1/27(日)投票=結果発表ですね。行けないヤツは不在者投票行ってらっしゃい。自分はココに投票権無しです><。
日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
| ホーム | 次ページ

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

プロフィール

汽水田 邦夫(Kisuida Kunio)

Author:汽水田 邦夫(Kisuida Kunio)
ブログ開設日 2007/11/11(日)

脳内整理中社会人
難しい事を簡単に言おうとするが、
簡単な事を難しく言ったりもする。
読者対象成人以上。

【A→Zとは】
文章に詳細な説明を含まずに結果を出していること。結果が先で、その内容について徐々に説明されること。

おにくだいすききすいだくにお

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。