スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top

白玉の露

「しらたまのつゆ」。白玉醸造といえば「魔王」ですね。その根底ともいえる芋焼酎「白玉の露」・・・と言われれば期待しない訳がありません。ロックで飲んで一言「マズい」。というか、旨いと感じられず『自分好み』ではないなと。なんというかへんな臭みを感じるような気がします(語弊ありまくり)。もし魔王がこの路線だったらもしかして自分に合わないかも?でも・・

siratama_1.jpg

お湯割りにすると一変。ラベルの裏にはお湯割りを奨めているのですが、完璧にお湯割り向きな気がします。「初恋」に続き、こちらも原料は米麹を使っているんですが、もしかすると自分は米麹が苦手なのかもしれません。判りませんが・・。最近は寒くなってきたのでお湯割りにする機会も多く、室内が暑くてもお湯割りにしたりして楽しんでます。

siratama_2.jpg
買ってきたキムチの一つ。カクテキが合う合う。
スポンサーサイト
焼酎 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top

初恋

ネーミングに釣られて買ったワケでも何でもなく、赤霧島とセットだったから手に入った『初恋』。言ってしまえば、自分はこのネーミングに釣られて『お、買ってみるか』と思うような性格ではない。

081112_182835.jpg

勿論飲んだことのない焼酎は全て『案外イケたりして』と期待しないワケがない。で、飲んでみましたが、うーん、何か違う。この初恋、米麹を使ってるんでそのせいかもしれないですが、後味がイマイチ納得できない。初恋のイメージを『甘酸っぱい(笑)』と連想して飲めば、酸っぱくは無いけどちょっと甘い感じがしたし『まぁこのネーミングでいっか』みたいに思えてきます。ハッキリしないような味なんですが、それは自分が慣れてないせいもあるでしょうし、この黄金(こがね)酒造が出している有名な「蘭」と「東五」をただ単に5:5で混ぜただけというのが安易過ぎて受け付けないのかもしれません。好きな人はいるんだろうなぁという感じの味ですね。

081112_183134.jpg

食中酒として飲めば案外イケます。モロ和食系で。
焼酎 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top

赤霧島

今秋入荷の赤霧島が手に入りました。黒霧島2本との3本セットでしたが、他店に比べれば安いので買いました。黒霧島も嫌いではないので。

081029_214639.jpg

プレミア焼酎の位置づけで人気の焼酎で、値段が高い。720mlで2,500円で売っているところもあるしそのあたりの値段が相場かもしれません。ただ春・秋と出回る本数が半端なく多く値崩れ予想の高い一品でもあります(よね?)。値段が下がってくれるのは大いに結構なので別にいいんですけど。
この赤霧島の使っている芋ですが、「幻の紫芋、ムラサキマサリ」といい、中身のどこを切っても紫色一色ということで、どこからやってきた芋なのか不明だとか。
そんな赤霧島を飲んでみました。非常に飲みやすいです。芋焼酎でありながら何と言うか、優雅な風味と甘みを確かに持っていてどれかに似ていそうでそれを考えても思い付かないといった結論にやはり独特であると思わされます。勝手に言えばゴールド霧島の度数を25度にしてしっかりとした味わいにしたような感じ。多少水割りにした方が甘みが感じられて美味いと思います。
黒霧島と比べると黒霧島が持つ芋臭さがありません、嗅いだ時も口に含んだ時も。黒霧島はこれはこれで手頃なのに人気の焼酎ですが、やはり赤霧島の方が美味いと個人的に思います。ワインぽいとの噂もありますが、分からないでもない気がします。それだけフルーティー寄りな感じがしました。

081029_214819.jpg
飲み比べ~
焼酎 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top

薩摩邑 紅芋仕込

薩摩"邑(むら)"。鹿児島ブランドの紅芋仕込みの芋焼酎。年に一度10月に販売される限定品です。この10月に販売されるのを待っている人がいるのか、結構購入される方が多いとか。



限定品ではあるものの価格は1,000円強程度でいたって普通の値段。味はしっかりしていて多少癖がある感じだけど、独特まではいかない。本格芋焼酎ならではというキリっとした味で自分的には結構好みです。色々飲んでみるとだんだんと「なめらか」←→「キリッ」とまでの段階的な指標が自分の中で出来てくるので飲んでいて面白いかな。どのあたりが好みかなんて考えても今のところ受け付けない程の焼酎に出くわしたことがないので結局何でもいいのかなと。お湯割りにすれば毎度の如く"まろやか"になってトロッとした感じがロックとは違い、これはこれで格別だなぁと思います。初心者向けではないかな・・どうだろ。

焼酎 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top

しびの露

紫尾の露。酒屋の店長と話しながら「これは旨かったですね」とお薦めされたので買ってきましたとてもリーズナブル。芋焼酎です。

081015_190138.jpg

調べた情報では飲み方は何でもいいみたいなので例のごとくロックで。芋臭い香りが飲むペースを早めてくれます。これは誰が飲んでも分かる辛口です。飲み込んだ後のほんのりと残る甘さが何ともリーズナブルでありながらお得感を出しています(何のこっちゃ)。店長の飲み方というより、鹿児島では結構普通な飲み方なのですが、前の晩から5:5くらいで水割りしておいて、馴染んだそれをヂョカ(平べったい急須みたいな形で直接火に掛けられるヤツ)にいれてちょっと燗(かん)すると辛さと甘さが絡み合って旨くなるらしい。『へぇ~』
なるほど燗か。鹿児島のダレヤミ野郎達はお湯割りで飲むのが大半を占めるっていうし・・。
まずウチにはヂョカは無い。電気ポットを探して、ポットはあったけどコンセントが無い。諦めてヤカンで沸かしたお湯でお湯割り。いや、馴染むまで待てるワケないし。店長も待てないから前日と言ったけど、普通は5日くらいは寝かせるらしい。待てるかっつーの。(そういうのはローテーションっぽくなってるんだろうけど)
・・・まぁロックとお湯割りでは全然違うってのは分かったし、お湯割りの方がこれは合う気がしたような・・・。芋の香りがする方だと思うので、それが好き前提でキリッとした飲み口を求めている方にはお薦めです。

081015_195039.jpg
魚介類を口にした後の紫尾の露は最高です。目が飛び出ます(大げさ?)。
焼酎 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top

とうとう呑めた

遡ること今週の火曜日。懇親会という名の飲み会があり、新米(笑)の自分が店の予約をとりました。

081007_183813.jpg
カメラのレンズが汚れていたみたいです(この後に続く画像全て・・)。

『創作料理 極(きわみ)』
大分県大分市都町4-2-29
097-538-9898
http://gourmet.yahoo.co.jp/0007798979/(Yahoo!グルメ)

場所的に一番近い店だったこともあるんですけど、リンク先の"メニュー"を見ると"兼八"の文字が・・。兼八(かねはち)と言えば大分麦焼酎のプレミアです。一升15,000円前後します。なので『呑めるかなぁ』と思いながら決定しました。

入って席に案内され、座ってスグ「ここって汽水田の行きつけ?」と聞かれ「いえ、兼八が呑めるらしいので決めました」とキッパリ答えたら「あ、へぇ、ふーん」と興味なさげ。
最初はビールってことで一杯呑み終えると、お客さんも焼酎が好きということで、上司も"呑みたいなら頼め"状態だったのでいきなり兼八を頼みました。

081007_185910.jpg
一杯750円・・たっか・・

呑んだ感想は香ばしいと聞いていたけど、それどころの、その程度の味じゃないです。濃すぎる程の強烈でふくよかな麦の香りが口いっぱいに広がり鼻から抜けます。何口呑んでも気のせいじゃないです。あまりに濃すぎて一杯で満足。

他に何があるのかメニューを見るとありました。プレミア焼酎「海」。

081007_193736.jpg
見た目同じですが・・海です

今度はスッキリと果実系の味わいです。ジャスミンのような・・・これは語弊がありそう。大海蒼々と同じ蔵で、同じ仕込方法をしていると言いますが、比べると比較にならないです。蒼々をはるかに上回ります。
あと、同じ見た目なので画像は省略して、「極みの赤」「極みの黒」も呑みました。極みシリーズ2本制覇(笑)。
実は魔王もメニューにありましたが、半年くらい入っていないとのことでちょっとガッカリ。

勿論料理も刺身等見た目も綺麗に盛り付けてあるものばかりで上品さを感じました。

081007_190101.jpg
料理はまともに撮れていたのがこれくらいでした(ええ、それでもボケてますけど)・・肝ソースがかなりうまい。

お値段は抑えればかなり抑えられるし、上を見ればキリが無いので普通の居酒屋よりちょっと高くなるだろう程度の感覚で入ればいいと思います。ちゃんと料理も色々ありおいしかったです。

解散し、明日の釣りが頭にありながらもお客さんが「もう一件」のコールを始めたので上司と3人で赤ちょうちんの居酒屋へ。

081007_230650.jpg
大分むぎ焼酎の二階堂と西の星を呑む・・・なんか落ち着きます(笑)。
かなり冷えてそうな見た目ですがレンズが汚れているだけです。気にしないくらい酔ってました。


だらだらと話しは尽きそうになかったけど、既に1時を過ぎ・・・久しぶりに思いっきり酔わせていただいた夜でした。釣りの為に4時起きだったんですがね・・・。
焼酎 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top

大海蒼々。

『大海蒼々(たいかいそうそう)』。大海酒造が出すフルーティーな芋焼酎。大海酒造と言えばすでにプレミア的な『海』『伊佐や』が有名ではないかと思いますが・・通(つう)っぽく言っていますが、特に『海』は売ってはいますが入手しづらい焼酎の一つです。
この大海蒼々はその『海』とほぼ同じ仕込みの芋焼酎・・・なのですが、仕込みが同じでも使ってるものが違えば当然、味は違うワケでして・・・。

taikaisousou2.jpg

「果実のような香りでスッキリとした味わい」という触れ込みですが、実際貼ってあるラベルにもそのことが書いてあります。前回ゴルキリで『フルーティーというのが分からん』みたいなことを言いましたが、蒼々を呑んで分かった気がします(笑)。
まず使っているさつま芋の甘さにホントに果実感があります。砂糖のような感じじゃないですよ。なんというかフレッシュな果物みたいなシャキっとしたスッキリ感・・あぁラベルそのまんまになってもうた。おかげで食べている料理がクチに運ぶ度に新鮮な感じになります。ほとんどの料理はコレに合うんじゃないかというくらいクチの中をスッキリさせてくれます。『メシを食いながら甘いってどうよ』じゃないんです(もういいか)。

度数は25°ありますので、前回のゴルキリのように『20°だから(なかなか酔わないので)グイグイいける』というのではなく、スッキリ感が良いのでついつい呑んでしまうという感じでしょうか。度数があるので呑んでいても物足りなさがありません。香りもそうですが、クチに含んだ瞬間、ホントにその一瞬に果実感を味わえます(もういいか)。これをフルーティーと言われれば「分かる気がする」と答えます。満足でした。

taikaisousou1.jpg

結構人気ですが720mlは1,200円とリーズナブルです。ラベルもカッコイイね。
焼酎 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top

ゴールド霧島。

先週17(水)に休んで以来、ぶっ続けで仕事していてさすがに疲れたらしく昨日は早目に眠りについてしまって、27(土)の今日で一旦酒屋の仕事を終了しました。自分にとって新鮮な人間関係が築けたと思ったりもして、こちらとしても感謝の念があります。焼酎を好きになったことも一つの分岐点です、ここは焼酎紹介サイトではありません。が、"実際飲んだものについて"は初心者目線で書いていこうと思います。勿論お金出して買っているんですよ^^;。

『ゴールド霧島』略してゴルキリ。メジャーな(値崩れした)黒霧島、プレミア焼酎の赤霧島と同じ霧島酒造。"フルーティーさ"を売りにしているんですが、『フルーティーさってなんだ?』と思う自分なワケですが・・・。

goldkirishima1.jpg

"限定酒"とも言われるゴルキリですが、多くの酒屋に出回っていますのでプレミアでも何でもありません。簡単に入手できるかと思います。飲んでみて思うのが非常に飲みやすいの一言。それもそのハズ、アルコール度数が20度しかありません。グイグイ飲めます。もともと大分県は低い度数でかなりの量を飲むという傾向が強いと分析しているのですが、そんな大分県民に合うような気がします。もっともこの霧島は芋焼酎ですけど。味は黒霧よりも爽やかで、香りは赤霧よりも・・上?飲んだことないので分かりません。赤霧、今年こそは飲む予定にしていますけど、まだ予約受付段階で発売されていません。

芋の香りがやさしいのでそれがいわゆる"フルーティーさ"に繋がるのか何なのかって感じですが、これを基準に"フルーティーさ"を考えながら他の焼酎も飲んでいきたいと思います(笑)。もともと720mlサイズしかなく安価なのでケース買いされる方が多い本格芋焼酎ゴールド霧島。後味もスッキリとして女性にも人気だとか。美味いです。自分としては逆に飲み過ぎる気もするのでアルコール度数としてはやっぱり20度は低いかな~と。

goldkirishima2.jpg

一旦、節目ということで自分に乾杯(笑)。
焼酎 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次ページ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

プロフィール

汽水田 邦夫(Kisuida Kunio)

Author:汽水田 邦夫(Kisuida Kunio)
ブログ開設日 2007/11/11(日)

脳内整理中社会人
難しい事を簡単に言おうとするが、
簡単な事を難しく言ったりもする。
読者対象成人以上。

【A→Zとは】
文章に詳細な説明を含まずに結果を出していること。結果が先で、その内容について徐々に説明されること。

おにくだいすききすいだくにお

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。